情報創造事業協同組合
 
 
 
 
 

組合コンセプト

 情報創造事業協同組合は、昭和48年に札幌コピー工業協同組合として設立され、 昭和60年北海道複写産業協同組合を経て、平成27年7月現組合名に名称変更をいたしました。
 昭和55年には官公需適格組合の認可を受け、また平成11年と平成25年には、 北海道知事より北海道産業貢献賞を受賞するなど更なる飛躍を目指し努力してまいりました。
 この間 第一次オイルショックや、円高、バブル景気の崩壊、平成不況といった社会経済状況の変動を乗り越えてまいりました。
 しかし近年、情報技術の急速な進歩により、顧客ニーズの多様化など業界を取り巻く環境も大きく変化する中、 組合員総意のもと、得られた情報から「形」を創り、さらなる「加工」を施し「守り抜く」サービスを提供する事業者の共同体として、 生まれ変わり、組合員や社員の資質の向上、技術の研鑽に努め常日頃から「お客様のニーズ」に対応できる受注体制で皆様に満足いただける製品づくりを提供いたします。
 発注者で有ります官公庁等及び企業の皆様には、ぜひ当組合へ業務の優先的発注を心からお待ちいたしております。